最近よく耳にする家族葬。

家族葬のファミーユ

家族葬という名前の表立ったイメージから、本当に「血族、家族だけが参列するこじんまりしたお葬式」というストレートで純粋な印象をお持ちの方が、日本の世間にはたくさんいらっしゃると思います。

が、実際のところの家族葬という葬式スタイルは、血族、家族以外の人が参列してはいけないわけでは決してありませんよ。

もちろん流行の家族葬には、参列してもらう人数に、「?人まで参列可能」などというくだらない制限があるわけでもありません。

故人様と血の繋がりがあろうがなかろうが、とにかく故人様と生前親しかった方々だけで、故人様を温かく天国へお送りしたらいいのであります。

繰り返しますが、葬式スタイルの名前が家族葬だからといっても、家族以外の血の繋がらない人たちだって家族葬に参列して全然かまわないわけなんです。

家族葬を執り行うお知らせを事前に差し上げなかった故人の関係者の方には、ご遺族様が家族葬を執り行った旨を後日あらためてご連絡しておけばよいのです。

また、家族葬を執り行う上で故人様のご遺族様がさんざん頭を悩ませるのが、いったいどの方に家族葬を執り行う旨の連絡をして、どの方に家族葬を執り行う連絡をしないでおくのか?ということですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です