ハンコ 書体

 

隷書体と呼ばれる書体は、天下の日本銀行券(いわゆるお金)にも思い切り用いられていまして、何を置いても文字が横長タイプであることが特徴的な書体なのであります。

隷書体と呼ばれる書体は、基本的に篆書体と呼ばれる書体が起源の形となっています。

隷書体と呼ばれる書体は、篆書体の文字の形をやたら直線的にして作られた書体であるため、篆書体と呼ばれる書体に比べたらずいぶんと読みやすく分かりやすくなっているのであります。

結果、隷書体と呼ばれる書体は、その読みやすさや分かりやすさという特長から考えて、日本国内では主に認め印として重く用いられているのであります。

ところで、楷書体と呼ばれる書体は、現代の日本国内で日本国民にいちばん使われている文字の形のことであります。

まあ、いちいち解説する必要があるのか?と言うぐらい、わかりきった話ではありますが。。。

楷書体と呼ばれる書体は、役場に印鑑登録する実印の書体としてはあんまり用いられることはありません。

ですが、楷書体と呼ばれる書体は、各家庭で活躍する認め印の書体としてならば用いられることが多いようですね。

また、行書体と呼ばれる書体は、楷書体と呼ばれる書体を少しだけ続け書きしただけの書体なのであります。

行書体と呼ばれる書体も、各家庭内で大活躍しがちな認め印として機会多く用いられることが多い書体であります。

はんこ安い

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です